トップ > 子どものための教育とお金

子どものための教育とお金

教育の重要性は、よくわかっています。しかし、今の日本は、少しお金がかかりすぎになってきているような気がします。
胎教という言葉も最近は見かけるようになってきて、子どもが生まれる前から、教育費がかかるなんてことにもなっています。

良いコミュニティに属するためというプレッシャーによって、ついついお金を出してしまうのでしょうか。教育費がこのまま上昇していくようでは、大学などの高等教育を受けさせたいと思っても断念せざる得ない家庭も増えてくると思います。

進学率の高い県などでも、家計を圧迫されて苦しいといった記事も目につきます。離婚率の上昇、母子家庭の増加、中高年のリストラなども問題になってきます。

そういった問題から家族の関係にヒビが入ってはいけないと思います。誰だって親であれば、子にみじめな思いはさせたくはありません。しかし、現状では、それも難しくなってきています。教育費の負担を軽くする為に、現状、中学までの義務教育を高校まで延長して、大学への助成費を増加させてといったような施策が必要だと思います。

ただでさえ少子化が進んでいるのですから、将来を担う子どもたちの過ごしやすい環境にすることが大切だと思います。

四柱推命適職鑑定@禁断の帝王学
四柱推命、櫻龍易占術、玄空飛星風水、奇門遁甲、1,800年以上続く双龍門第76代継承者 黄老師直伝の秘術を元に、

陰陽五行説に基づく本物の帝王学を伝授。ユダヤと華僑に対抗し得る禁断の学問を学ぶ経営者のためのブログ

前の記事 | 次の記事

関連記事